• ファンダイビング
  • ダイビングスクール
  • 体験ダイビング
  • ダイビングショップ
  • ダイビング質問
  • ダイビングブログ
ゆいマーレ電話

ブログ

 » タタミ一畳ダイビング

ゆいマーレ / ブログ

タタミ一畳ダイビング

2011/07/27    :ダイビング

めだか            2011/7/27

石垣島

気温  33℃

水温  29℃

年に1~2名銀塩(フイルム)カメラをお持ちの方がいらっしゃいます。

デジタルカメラと違って、撮影できる枚数は最大36枚。

非常に限られた枚数なので、1枚1枚慎重にシャッターを切って行きます。

しかし、撮りたい生物が出た場合、カメラを構えてグイグイ寄っていくと

相手は驚き引っ込んでしまいます。

そこで、貴重なフイルムを何度か切り、生物に慣らしてながら接近し、撮影をして行きます。

デジタルだったバンバン押して慣らす事も出来ますが、貴重な36枚。

無駄打ちはしたくないけど、引っ込ませない為に慣らさなくてはいけない。

外野から見ていると、生物とゲストの駆け引きがとても楽しいです。

今日は

<じゃがいもの根>

<じゃがいもの根>

<御神崎・エビ穴>で潜って来ました。

狙いは3種に絞り

<ヤシャハゼ>

<ギンガハゼ>

<マルミカイカムリモドキ>です。

Img_1121

Img_1129

しかし、小物の多いポイント。

折り返し地点の<ヤシャハゼ>で1本撮りきってしまったようです。

Img_1145

Img_1156

そこで、2本目も同じポイントで潜ることにしました。

Img_1168

2ダイブで140分潜りましたが、<ヤシャハゼ>に費やした時間は

なんと65分です。

どんだけ<ヤシャハゼ>好きなの?と思うかも知れませんが

8個体も居るので、引っ込んでは次の<ヤシャハゼ>へ

また、引っ込んでは次の<ヤシャハゼ>とこの繰り返しです。

1.5Mのトラフザメがじ~っとこちらを見ていましたが、

お客様は全く興味なし!

勿体ない気がしましたが、マクロ派ダイバーには縁のない生物なのでしょうね。

3本目はマクロから一転してワイドへ。

サンサンと降り注ぐ日差しとサンゴ。

とてもキレイな写真になったと思います。

いつもとは違ったダイビングでしたが、とても懐かしく楽しく潜れました。

本日の画像は<天然さん>にお借りしました。

古見きゅう 写真展  GALAPAGOS~僕達が特別ではなくなる場所~

ダイビング予約 バディダイビング エンリッチド・エア ゆいマーレFacebook ゆいマーレline ゆいマーレtwitter ダイビングスタッフ募集中

コメントを書く







コメント内容


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログカレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

過去の記事

最近のコメント